2009年11月01日

ツボをおさえる 損益分岐点  

仕事でよく中小企業や個人事業の経理や経営に携わっているので、
ブログでも経営に必要な事項を書いていこうかと。

参考程度でよいので読んでいただけたら嬉しいですわーい(嬉しい顔)

不況で色々お客様からどうすればよいのかときかれることがあります。

そこで今回は損益分岐点について。

損益分岐点とりわけ損益分岐点売上高はいろんな参考書で目にします。
ですので知っている方も多いと思います。

また、すでに税理士先生など決算時に損益分岐点に関する資料をお渡ししているところも多々あるかなと。

活用していますか? ・・・ ・・・?

実際うまく活用できていないことが多いのでは。

@ 社長だけ知っていて、会社の数字を現場が把握していないパンチ

A 押さえておくべき数字とわかりつつも、分数や比率で
 表現されると仕事にどう結び付くのかわかりにくいふらふらなど

一度 損益分岐点を「日付」などをいれて表現してみては?
文章でもいいしグラフでもいいかなと。

コストの重みが共有でき、いい方向へグッド(上向き矢印)

※損益分岐点分析は売上高だけではなく、いろんな角度からも見ることができます。

---------------------------------------------------------------------------------------------
今日は何位exclamation&question 
 ↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by HTS at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。