2009年08月03日

「実習型雇用支援事業」のご紹介

おはようございます。
今日は、社会保険労務士の白石先生より
助成金の紹介です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
社会保険労務士の白石です。

十分な技能・経験のない求職者を、ハローワークを通じて、実習型雇用により受け入れ、その後の正規雇用へとつなげる事業主を助成する
「実習型雇用支援事業」が7月から始まりました。
 
実習型雇用とは?
@ 原則6か月間の有期雇用契約を結び、その期間を実習型雇用期間とします。

A ハローワークや(財)産業雇用安定センターの確認を受けた実習計画書に基づいて、技能や経験を有する指導者のもとで指導を受けながら、実習や座学などを通じて必要な技能や知識を身につけます。

B その後の正規雇用へとつなげていきます。

助成金額は?
事業主に対して、下記の額が助成されます。
@ 実習型雇用期間(6か月)………… 1人あたり月額10万円
A 実習型雇用終了後の正規雇い入れ…… 1人あたり100万円
B 正規雇入れ後の教育訓練…………… 1人あたり上限50万円

対象事業主は?
次の要件を満たすことが必要です。
@ ハローワークにおいて実習型雇用で求職者を受け入れるための求人登録をしていること

A 受け入れる求職者を実習型雇用終了後に正規雇用として雇い入れることを前提としていること 等
〈Point〉 企業規模、業種等の要件はありません

対象求職者は?
次の要件を満たすことが必要です。
@ ハローワークに求職登録をした人で、希望する求人分野の十分な技能・経験を持っていないこと
A ハローワークにおいて再就職に向け実習型雇用を経験することが適当だと認められること
B 過去一定期間、その事業主に雇われていた経歴がないこと等
〈Point〉求職者の離職前の勤務形態、年齢、雇用保険受給資格の有無等の要件はありません

今日も最後までお読み頂き、有難うございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------
今日は何位exclamation&question 
 ↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by HTS at 06:00| Comment(0) | 助成金など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。